足のトラブル

【ドイツ式フットケア】サンダルシーズンに向けて角質ケア

今年の横浜公園のチューリップも終わりをむかえ、徐々にサンダルの購入をお考えの方もいらっしゃる時期になりました。

かかとのガサガサは伝線の原因

お仕事の際にはヒールやパンプスを履かれることが多いこの時期はストッキングの伝線も気になる時期でもあります。
その原因となるのは爪のきり方はもちろんですが、角質の厚さだったりもします。

#からだ工房 #フットケア #角質ケア
例えば写真のようにひび割れまではいたってない方でもストッキングのような化学繊維だと表面がざらついているだけでも引っかかったり、歩くことで擦れてしまい伝線してしまいます。

#からだ工房 #フットケア #角質ケア
からだ工房のドイツ式フットケアではヤスリなどで行うセルフケアの取りきることが出来ない踵の角質を1回で綺麗にお取りさせて頂いております。

ドイツ式フットケアのオンラインでのご予約はこちらから!

サンダルになると踵は多くの人に見られています!

#からだ工房 #フットケア #足のトラブル

知らないのは本人だけ!
この時期なのでお座敷での飲み会などは少ないと思い安心している方、駅の階段など意外と足のかかとは多くの方に見られてしまいます。薄い色のストッキングだと乾燥してしまって出ている白い線まで見えてしまいますよ!!
入浴後のボディクリームなどの保湿だけでは足りないこともあるので、乾燥しやすい方はこまめに保湿をしてあげましょう。

からだ工房bのフットケアについて

からだ工房のドイツ式フットケアは基本コース(45分 4800円)となっております。
こちらのコースはフットバスにお浸かり頂き、レデューサーといわれるヤスリで足全体の角質をお取りします。(魚の目やヤスリでは取り切れない角質の厚くなったタコや踵のひびわれなどはご相談させて頂き、オプションにて専用器具を使って魚の目は芯までしっかりとお取りさせて頂きます。)
その後、ひざ下までのオイルマッサージを行い、保湿クリームを塗って終了となります。
からだ工房のフットケアの料金などはこちらをご覧ください

RELATED POST
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。