足のトラブル

サンダルシーズンの角質ケア

夏のようなお天気で身体の暑熱順化が今年は例年にくらべ梅雨がはっきりとしないので難しいですね・・・
さてそんな暑くなる中、女性はサンダルを履かれる時期となりました。
この時期になるといっそう気になるのが足の角質!特にかかとのガサガサやひび割れは見えてしまうので何とかしたいと思う方が多いと思います。

セルフケアでおススメ

最近ではセルフケアをされる方が多くなり、セルフケアグッズもたくさん販売されています。しかし使い方が間違っている方も増えています。

溶剤に足を浸ける角質取り

これは気になる部分だけの角質が取れるものではありません。
多くの方が厚くなった角質、魚の目やタコ、かかとのガサガサだけが取れると思ってお使いの方が多いようです。
お使いいただいた方はお分かりかと思いますが、そうではありません。
土踏まずなど元々柔らかった部分も角質がボロボロととれてしまい、しばらくはお布団に入る際にも靴下を履かないとお布団が角質だらけになってしまいます。
足裏全体の角質のリセットにはいいかもしれませんね!

ヤスリや軽石でのケア

これなら思ったところだけしっかりと削れる!と思って使い始め入浴時などに「ゴシゴシ・・・」我ながらきれいに仕上がった!と思ってしばらくしてテレビを見ながらふとかかとを触ると何だかカサカサ・・・「よし!今晩もやすりできれいにしよう♪」
これを繰り返していくとかかとの角質は徐々に厚みが増していきます。
これは皮膚のターンオーバーなどと関係しています。通常皮膚のターンオーバーには約1か月かかります。その間に何度も削られることで皮膚の硬くなるスピードは加速今まで厚みがなくガサガサだけだったも厚みのある硬さが出来てしまいます。
使い方は皮膚のターンオーバーなどをみて正しく使うことが大切です。

専門家は何が違うのか?

セルフケアをしてみいたけど、どうしようもないのでサロンを予約した!という方も多いと思います。その中でも最近セルフケアをしたという方も多くご来店されます。
「じゃあ、皮膚のターンオーバーに時間がかかるのに大丈夫なの?」と思う疑問が・・・
専門のスタッフは今の皮膚の状態で「現状としてどこまで削れるか」「どう削れば一番きれいに仕上がるか」を見極めることが出来ます。
そのため全体にツルっと仕上げることができることはもちろん、削る際にも痛みを感じたりすることもないので皮膚への負担もなくケアすることが出来ます。
また当店では魚の目の芯についても他店とは違った芯の取り方なので通って頂く事もなく、一度でしっかりとお取りすることが出来ます。
Instagramでも角質ケアなど掲載しております!

RELATED POST
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。