足のトラブル

【ドイツ式フットケア】オプションでの爪ケア

コロナのせいで行けないけど、寒いから温泉にでも行ってゆっくりした~~い!
座敷に上がる飲み会も行かなくなり、タイツや厚手の靴下を履くこともあり足を出すことは本当になくなりました。そんなことから足の角質や爪は野放し状態・・・とても人様には見せられない!とよく伺います。今回はその中でも踵の次に多い爪について取り上げてみました。

ペディキュア、ジェルをしっぱなし

夏にはサンダルなどで素足になることが多いことから爪もきれいに!
とペディキュアやジェルをしたはいいけど寒くなるにつれてそのまま放置・・・
そのまま爪が伸びるのと同時に気が付いたらなんとなく落ちてきていたり、剥がれていたりしていた。なんていう方も実は多い!でもそのついていた爪の状態はどうでしょう?
放置した爪のトラブルには表面が白くガタガタになっていたり、見た目はそれほどではなくても触ると段差ができるなど。色にも変化がみられ黄色くなったり、黒ずんだりもします。酷い方だと緑膿菌という細菌が繁殖しグリーンネイルになってしまいます。

横浜からだ工房 爪ケア

一度サロンなどで綺麗にして頂くと「勿体なくて出来るだけ長くもたせたい」というのも分かるのですが、やはり爪のことを考えるとオフする時間も大切ですよね。

からだ工房の爪ケアってなにするの?

当店で爪のケアを行う方の理由は「爪が伸びているけどどこまで切っていいのか分からない」「爪が欠けてしまってガタガタしている」「おなかが邪魔して自分で切れない」「目が悪くてみえない」など様々です。
からだ工房ではフットケアのオプションとして行わせて頂いている爪のケア。
長さ調整⇒爪表面の段差除去⇒爪の周りの掃除を行います。

写真のように爪が全体に伸びていて、段差や変色も見られる爪。
Before

ドイツ式フットケアでのオプションにはなりますが、下の写真はフットケアでのオイルマッサージや保湿クリームを塗る前の写真です。長さはもちろんですが段差などもなくなり、色もきれいなピンク色になっているのがお分かりになるかと思います。
(これはその方の爪の情況によって異なるため、全員がこのようになるとは限りません)
After

その他にもインスタグラムにてBefore&After多数掲載していますのでご興味のある方はご覧ください。

 

RELATED POST
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。