フットケア事例

【ドイツ式フットケア】足のタコ 角質ケア

今回ご紹介させて頂くのは足の小指付け根に出来てしまったタコのケアです。
タコは魚の目のように芯はないのですが、厚くなりすぎると内部の柔らかい部分や関節に力が加わってしまい痛みを感じる方もいらっしゃいます。
からだ工房のドイツ式フットケアではこのような厚みや硬さが出来てしまった場合には専用機械だけでは綺麗に取りきることが出来ないため、専用器具を使ってお取りさせて頂いております。
写真はその専用器具を使って大まかに硬さのある部分をお取りさせて頂いた直後になります。ここからヤスリを掛け、表面をツルツルにし、オイルマッサージ・保湿のクリームを塗り仕上げていきます。
これからのサンダルシーズンの前に足の角質を綺麗にしてみてはいかがでしょうか?
ご予約はこちらからどうぞ!

RELATED POST
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。