フットケア事例

【ドイツ式フットケア】母趾周りの厚くなった角質ケア

最近ではインスタからの投稿が多くなっていますが、たまにはホームページからお客様事例をご紹介したいと思います。
この時期になると多い足の角質の乾燥。
特に今まで硬かった部分は白い線が入ってしまったり、粉を吹くようになっている方が多くなります。
写真は親指から付け根にかけて硬さが目立ち、白い線も見られます。
写真では見ずらいのですが、土踏まずの外側には気になってお風呂上りに自分でむしってしまい、少し赤くなっているのも見られます。今回は特に親指周りの角質にクローズアップします。

からだ工房ではこのような足の角質の方はどうしてもヤスリだけではスッキリときれいにすることが難しいため、魚の目・タコのオプションをお勧めさせて頂いております。

今回の方はフットケアのマシンを使わず、すべて手作業でのオプションをお付けさせて頂いてご対応させて頂きました。(この情況から基本コースのヤスリを掛けていきます)
白い線はもちろんですが、厚くなって黄色くなっていた部分もきれいになっています。
ヒールやパンプスを履く方や外反母趾、内反小趾の方には多くみられる母趾周りのトラブル。セルフケアではなかなか難しく、最近多くのサロンで取り入れているフットケアマシンですがそれだけではなかなか取り切れなく、スッキリしなかったという方には本当にお勧めな角質ケアとなります。

 

RELATED POST
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。