お客様事例

【巻き爪矯正】足の親指 爪の痛み

みなさんこんにちは。
横浜関内のドイツ式フットケア・巻き爪矯正・骨盤矯正の『からだ工房』です。
今回はサンダルの時期で圧迫されることが少なく、痛みを感じる回数が減っていることで放置されがちな巻き爪の施術例をご紹介いたします。

爪の先端が当たると痛みを感じるとご来店をいただきました。

爪全体に厚みが見られ、角も埋もれていた部分もありましたが矯正を掛けることで綺麗になっています。
お客様も施術中も痛みを感じることがないのでホッとした。次回からは安心してこられると仰っていただけました

実際にはこのようにワイヤーを掛けた後はワイヤー部分に樹脂を塗り、引っかかる事の無いように仕上げていきます。
放置してしまうと爪の巻き方やその後出る痛みが強くなったりすることが多いです。
また巻いてしまった爪は自然に元に戻ることは少ないので「今は大丈夫!」ではなくて「今のうちにケアをしよう!」と考えを切り替えていきましょう

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。