ブログ

巻き爪の原因と矯正方法

この時期に多い巻き爪での痛み。
今回はその巻き爪についてご紹介したいと思います。

巻き爪の原因

巻き爪になりやすい原因として爪の切り方があります。
まず挙げられるのは最近ではご存知の方も多いと思いますが短くしすぎてしまうこと!これは爪の先端の爪が皮膚に埋もれてしまうことで爪の角が皮膚と当たり痛みを感じることがあります。またこの状態が長く続くことで傷になってしまい出血したり化膿する原因にもなります。
外反母趾や開帳足なども巻き爪の原因になります。これは足の指にかかる力が本来上向きにかかることで爪が巻いていくことを抑えているのですが「真下から力がかからなくなってしまう外反母趾」「指に力がかからない浮指」などの足のトラブルは巻き爪の原因になってしまいます。また足に合わない靴もこれらの原因になります。

巻き爪の矯正法

巻き爪のケアの方法としては現在たくさんの方法があります。
当店で行っているワイヤーを使った方法やクリップ式のものなどがあります。矯正ではない方法ではテーピングやコットンを挟む方法、外科的手術など様々です。
爪の巻き方や炎症が起きてしまっているものなど症状や生活スタイルにあわせて方法を選ぶことをお勧めします。

巻き爪を矯正する期間

これは巻いている爪の巻き具合や爪の厚みなどによって個人差があります。外科的手術の場合は1カ月前後で傷も落ち着き、いつもの生活に戻るようです。
当店で行ってるワイヤーでの矯正は2カ月に1度付け替えを行い、約半年間行います。その後爪の状況によって終了または継続します。またその間はセルフケアの必要もなく運動や入浴などの制限もないため皆様に喜ばれています。

RELATED POST